沿革

沿革

平成21年1月30日大型自動二輪車教習開始
平成20年10月大型車増設
平成20年6月18日交通エコロジー・モビリティ財団より、トラックエコドライブ講習の認定。
平成17年7月NEDO(独立行政法人 新エネルギー産業技術総合開発機構)より現地調査を受ける。
平成17年4月自動二輪AT(オートマ車)限定の教習開始
平成17年1月太陽光発電新技術等フィールドテスト事業書類検査をnedoより受ける。
平成17年12月太陽光発電新技術フールドテスト事業稼動開始
平成16年6月平成16年度太陽光発電新技術等フィールドテスト事業を採択される。
平成16年4月教習車をトヨタ・コンフォートに入れ替える。
平成16年3月自治体合併により天草郡大矢野町から上天草市大矢野町に住所表示変更する。
平成15年2月運転免許取得者教育機関として、4号、6号、7号課程の認定を受ける。
平成12年6月運転免許取得者教育機関として、1号、2号、3号課程の認定を受ける。
平成10年10月高齢者講習実施機関としての認定を受ける。
平成6年4月道路交通法改正(平成6年5月11日施行)により教習カリキュラムの大幅改正に基づき、大矢野自動車学校へ運転シミュレーター装置を設置。
平成2年9月初心運転者講習実施機関の指定を受ける。
昭和63年6月大型特殊車科の指定を受ける。
昭和58年3月本渡市北地区の区画整理により、天草中央自動車学校が天草郡大矢野町に移転し、「大矢野自動車学校」として校名を変更。